食べ物

適切な栄養の取り方

糖尿病の食事には、これがよくて、これがだめという食べ物は少ないですが、栄養を正しく取りそれを継続することで効果が出ます。しかしこれを怠ってしまうと、更に悪化してしまうことがありますので注意して献立を選ぶ必要があります。

»読んでみよう

血糖値の上昇をおさえる

このように糖尿病になった場合は、糖質が多く含まれている炭水化物の量を減らす事が大切で、炭水化物に代わる食材を見つけると良いです。現在では砂糖も糖質が入っていない製品が販売されているため、糖尿病の食事としてはそういった便利な製品を利用する事がお薦めです。

»読んでみよう

血糖値を上げない方法

このように糖尿病の食事としては、食べる時間帯や食材の食べる順番によって、血糖値の上昇をおさえる事が可能です。この食事の方法は糖尿病の人だけでなく、健康な人にとっても良い食事のとり方ですから、知識を持って食べる事がお薦めです。

»読んでみよう

血糖値を上げない食べ物

宅配のサービスでは糖尿病の食事に気を使った弁当が用意されています。健康のために習慣的に取り入れ始めてみませんか。

主食の量を減らすと良い

糖尿病になる人は年々増えており、食事の栄養が偏っている事が原因になっているケースが多いです。糖尿病にならないための食事とは、糖質の少ない食べ物を食べる事が重要で、肉類や野菜を多くとる事で糖尿病を防ぐ事が可能です。お米やパンなどの主食は、糖分が多く食べ過ぎると血糖値があがり、糖尿病になる危険が増えるため注意が必要です。糖質が多い食材でも、血糖値をゆっくりあげる事のできる食材を食事に取り入れる事で、糖尿病を防いだり改善させる事ができます。また主食と一緒に野菜を多く食べる事で、血糖値の上昇を緩やかにする事ができるため、野菜の多い食事をする事が大切です。果物は糖質が多い食べ物ですが、果物にはビタミンが豊富に含まれいるため、量を加減して食べる事がお薦めです。栄養がギュッと凝縮したアナタだけのメニューがあるので、食生活の中に取り入れていきましょう。

脂質の多い食べ物に注意

糖尿病になってしまった場合は、まずは血糖値を下げる事が肝心です。血糖値を下げるためには、主食の量を減らしお菓子などの間食を食べない事が大切です。特に菓子パンやスナック菓子には、糖質と脂質が大量に含まれているため注意が必要です。脂質をとりすぎる事によって、血糖値があがっても下がりにくくなり、血糖値の値が高い時間が長くなります。血糖値が高い状態が続く事により、体の血管が弱って様々な合併症がおきるため、脂質の摂りすぎは避ける事が重要です。糖尿病の食事では、主食のお米に玄米を混ぜる事がお薦めです。玄米を主食に混ぜる事により、血糖値の上昇をおさえる事ができますし、よく噛んでご飯を食べる事になり、少しの量でも満足できます。